ご心配おかけいたしました

”ユンコさまの猫ちゃんの輸入を妨げるものは何もありませんのでご安心ください”

というメールを、本日検疫所からいただきました。

サーシャの残っていた血清は先週UKの会社に送ったのですが、まだ検査結果が到着せずです。
その返事を待つのと同時に、平行して日本の検疫所に”フィンランドの機関が検査した検査結果で何とかなりませんか”という旨の交渉をして参りました。

結果、本日上記のメールをいただき、手持ちの書類でOKということになりました。

ただ、フィンランドの検査機関(今年5月から場所と名称が変わった)は今後、再認定されるか、認定の取り消しになるかどうかはわからないとの事です。

とりあえず、晴れてサーシャと共に3月に日本に帰れる事になりました

ご心配くださった、皆様方、本当にありがとうございました。
あたたかい、メッセージの数々、とてもありがたく拝受いたしました。

正直、とても疲れました
何度も3月のフライトの予定を眺め、180日を逆算し、”どうして、2月って28日しかないのよ~”と思ったり(笑)

サーシャの麻酔の件は、日本の麻酔科医に(人間のですが)、聞いたところ、明らかに容量のミスのようです。
”危なかったですね~”といわれ、ゾッとしました。

手続きの事は、また、いづれ落ち着きましたら、書き記したいと思っておりますが、しばらくはこの件からは逃れたい~~という感じです。

でも、もし、何か手続きのことや、血清の送り方などでご質問のある方はご遠慮なく、鍵コメででもご質問くださいませ。
できる限りお答えいたします!

取り急ぎご報告のみで失礼いたします

応援ありがとうございました♪

c0006748_4321725.jpg


サーシャ&ユンコ
by cawa-miu | 2006-09-29 04:22 | 猫連れ帰国準備

~La vie elegante de mes anges ~ しっぽを持った天使たちの優雅な猫生活と趣味のDIY、料理、日々のくらしなど..... by ユンコ


by cawa-miu
プロフィールを見る