<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Washington DC (ほとんどお食事篇)

c0006748_185519.jpg

こちら、タイフードのお店で食べたソフトシェルクラブ。脱皮したての蟹をから揚げにしたもの。今まで何度か食べたことありますが、こんなに大きなのは初めてでした。

c0006748_18185165.jpg

こちらは、ホテルから比較的近くにあったワインバー

c0006748_1819466.jpg

奥のお皿はケール(あの、青汁の原料ですよね~)のソテーに大きなパルミジャーノのスライスが乗ったもの。これ、美味しかったです。
手前のお皿の奥のかたまりは、フェネルのスライス。フェネルをこういう食べ方した事なかったのですが、これまた美味しかった。
日本でももう少し手軽にフェネルが手に入るといいのだけど、、、。


c0006748_18192727.jpg

こちらは例のO先生とご一緒したシーフードレストランで食べた生牡蠣。12種類の牡蠣がずら~っと並んでいて(これは4人前なので、4個づつ)手前にちょっとみえるレシートのようなものがそのリストです(どこで獲れたのか書いてあります)

c0006748_18194172.jpg

このプレートは手前から、ホタテ、クラブケーキ、奥は鯖と白身のお魚。

どちらのプレートもものすごく美味しかったのですが、お値段もものすごかった(汗)。

なぜシーフードレストランにしたかというと訳があるんです(笑)。

あのBSE(狂牛病と言ったほうがわかりやすいですね)が問題になった時
”僕は牛肉を食べないことにしたよ”とO先生。
そこへ、口の悪いうちの大学院生(麻酔科医)が
”先生、大丈夫ですよ、今食べても発症するのは30年後ですから~”
O先生、ちょっとムっとして
”・・・でも食べん!”
その当時もうすぐ80歳にもなろうというO先生に失礼ですよねぇ(苦笑)。

ということで、今回はシーフードレストランを選びました。
”先生、今も牛肉召し上がらないのですか?”と訪ねたところ、ニヤっと笑って
”パーティーとかで出たときは食べるけど、普段はほとんど食べないよ”との事でした。

O先生はこの次の日にNIH(国立衛生研究所)のTasaki 先生(日本人)のところに行くことになっていて楽しみにしていらっしゃいました。この先生もまたすごくて、96歳なのにまだ実験をしていらっしゃるのだそうです。どの生理学の教科書にものっている”跳躍伝導”を見つけた方です(私はその方がご存命でしかも日本人だということを数年前に知りました;恥)。Tasaki先生はO先生より一回り上ですから、それを考えると私なんかまだ半世紀近く時間があるということに、、、そう考えると何でもできそうな気持ちになってきますよね~
(もとの器は別として考えれば:爆)

c0006748_18195455.jpg

こちらは、ランチで行ったギリシアレストランで頼んだBaba ghanoush
ピタパンと一緒にいただきました。

c0006748_1820625.jpg

蛸のグリル(墨で模様が描いてありました:笑)

c0006748_18201935.jpg

ラビットのパスタ(メニューにはギリシア風自家製パスタと書いてありました)


今回ほとんど観光する時間がなくて、空いた1時間ちょっとで急いでいったスミソニアン博物館
沢山の博物館が並んでいて、その中で選んだのはこちらの
c0006748_18204255.jpg

国立自然史博物館

見たかったものは

これです
by cawa-miu | 2008-12-06 18:21 | food | Comments(8)

Washingtong DC (学会篇)

c0006748_11575258.jpg


アメリカの学会から戻って立て続けに講義あったりして、気づいたらあらもう12月!

今回の行き先は、タイトルにもありますように、アメリカ合衆国の首都でした。

学会会場では思いがけない友人にバッタリ会ったり(ヘルシンキにいた時カロンカをやったあのです)、興味深い発表をみたりディスカッションしたりと充実した時間を過ごすことができました。

この学会、参加者が3万人以上という超マンモス学会で、学会会場を見て回るだけでもかなりの運動になります。事前に自分の見たい発表をチェックして、リストアップしておかないと大変なのです。

学会2日目は朝8時からポスターを貼りに行き、昼の12時までほとんどその前で立ちっぱなし。人がこないと退屈なのですが(苦笑)、思ったより興味をもって話を聞きにきてくれる人がいたので(あと、昔の友人達も訪ねてくれたりしたので)4時間もそれほど苦ではありませんでした。

c0006748_1820761.jpg


こちら私のポスターの前で記念撮影。
ご一緒してくださったのは、脳生理学の重鎮のO先生。
私が今日こうしていられるのも、O先生のおかげと言っても過言でないくらいお世話になった先生です。私の博士論文の研究先を紹介した下さったのもO先生ですし、こちらに来る前のボスはO先生の教え子、今の上司である教授はO先生の元同僚の教え子、、、と言ったように(何といっても狭い世界ですからー)。
ノーベル賞の候補になったことも一度だけではないとか、世界的に有名な先生です。
でも、テレビの〇〇シンデレラコンテストの審査員で神田うのや飯島愛の隣で映っていたこともあります(笑)
でも、”実るほど頭をたれる、、、”の言葉通り、サイエンスに関しては常にピュアな視点を持ち、私のようなひよっ子でもきちんと対応してくださいます。私も”歩く生理学の教科書”のように、いろいろ教えていただいております(笑)。

c0006748_1824973.jpg
私のポスターに来て下さり、早速ディスカッション、、、こんな図まで書き出して(笑)。

もう80才を越していらっしゃいますが、好奇心旺盛!科学者の大・大・大先輩として、本当に尊敬しています。O先生に関する楽しいエピソードは沢山あるのですが、またいずれ。

そうそう、こういう一枚ポスターは紙のものがほとんどなのですが、私のは布なのです。
何が良いかと言うと折りたたんで持ち運べる事。
紙だと一メートルくらいある大きな筒を持ち歩かなければならず、国際学会の場合飛行機に乗るときも結構ジャマ。
これからは、布ポスターの時代になっていく事でしょう。

c0006748_17122268.jpg
これは学会会場の向かい側の建物、可愛かったのでパチリ。

今回の会場は建物の構造が複雑で、写真も撮らなかったのですが、前回のサンディエゴのときの写真は

こちら~
by cawa-miu | 2008-12-02 00:45 | 仕事 | Comments(10)

~La vie elegante de mes anges ~ しっぽを持った天使たちの優雅な猫生活と趣味のDIY、料理、日々のくらしなど..... by ユンコ


by cawa-miu
プロフィールを見る