<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

腎不全~皮下輸液~

ただいまサーシャは一日おきに自宅で皮下輸液をしています

大人しい子ではないので(笑)保定が大変でいろいろ試みた結果今の方法で行っています。

保定:ネットに入れてソファにすわり、毛布を膝に敷いてその上で膝に袋猫をのせて左手で抱えつつ皮膚をつまみ、右手で針を刺す。猫と翼状針を左手で抑えつつシリンジを右手で押す。
シリンジは大きいし動きも硬いのでちょっと力がいります。初め手で液がすんなり入っていくことを確認したら(ちゃんと刺さっていないと液が皮膚からもれたり、入らなかったりする)あとは顎でおしたり(笑)、テーブルで押したりします。順調にできれば(サーシャが動いたりしなければ)100ml2分くらいで終わります。

c0006748_9195249.jpg
これは獣医さんからいただいたもの。
c0006748_12232490.jpg
こちらはホームセンターで売っている作物入れる用のネット。10枚で160円で売っていました。紐だけ付け替えて使っています。

初めは、うとうとして丸くなっている時に背中に18Gの注射針(写真右)を刺して点滴で入れるという方法を試みました。
が、針を刺した途端ギャッといわれて、逃げられました。
18Gの針って太いし、注射針なので刺しすぎそうでこの方法は断念。

c0006748_13411663.jpg
右のピンクのものが18G左は21Gの翼状針です

⇒ただ、点滴で入れる場合(つまり重力で入れる)太い針でないと非常に時間がかかる。
加圧バッグというのがあるので買ってみました(未使用)。

c0006748_13421427.jpg


c0006748_13431697.jpg


針を21Gの翼状針に変えました。
獣医さんと相談した結果、この針を使うなら加圧+点滴よりシリンジで入れるほうが早いということになり(シリンジ代の費用は毎回かかりますが)50mLのシリンジでトライしました。
1-2度失敗しましたが、なんとかできそうということで、この方法で約140ml投与することにしました(11月末)。50mlのシリンジは目いっぱい入れると70mlくらい入るので(メーカーで違いますが)50mL二本で140mL入れていました。

ところが、さらに病状が悪化したため輸液量を増やすことに(250mL)。
それで、100mLのシリンジを取り寄せてこれを使うことにしました。100mLのシリンジは120mLまでメモリがありますので、2本で約240mlになります。

数値が良くなってきたのと、貧血気味なので、輸液量を少し減らして現在は200ml一日置きの輸液になっています。

*気を付けている事*
・あたりまえですが、針は素手でさわらない。
・輸液パックの針を刺す部分も触らない。
・輸液パックは湯せんで少し温めていますが、針を刺す部分はお湯につけない(万が一雑菌が入ると嫌なので)。
・輸液を満たしたシリンジはシリンジの入っていた袋に入れて準備しておく(この袋は滅菌済みなので、長時間このまま置くわけではないのでこれが一番安全です)
・気休め程度ですが、レンジでチンのカイロの上にシリンジを載せています。
・輸液をする前に自分の肌に輸液をかけてみて温度を確認する(熱くなければOK)翼状針のチューブにある液は当然冷えてますからその分を見越して手にかけます(大した量ではないですが)。
・輸液を行う場所は決めている。シリンジで入れるのは家のどこでもできるという利点はありますが、サーシャのように嫌がる子にとってはどこに居てもも嫌なことをされるという記憶がのこります(恐怖記憶+空間記憶は固定化しやすい)ので、居間のソファーで行う事に決めています。
・消毒は消毒(あるいは除菌)シートで拭く程度です。もちろん手は洗いますが、血管に入れるわけではないので、それほど気をつかわなくてよいとの事でした。針を刺すと暴れて外れたり(あまり暴れるときは筋などに刺さるといけないのであえて外します)しますが、この場合は針先をアルコール綿で拭いて再利用しています。ただ、私の手に刺した針は使わないようにしています(最近は刺さなくなりましたが;笑)。
・シリンジ、翼状針、輸液パックからシリンジに入れるための18Gの針は毎回使い捨てです(普通に捨ててはいけないので獣医さんのところにまとめて持っていき破棄してもらいます)。
・テーブルはウエットシートで除菌して、物を載せるときはアルミホイルを敷いてその上に載せています。RNAの発現実験の時などこの方法(アルミホイル)を行うので、テーブルだけよりは良いかなという程度です。


c0006748_1230655.jpg


c0006748_1228476.jpg

c0006748_230263.jpg


c0006748_1232677.jpg


c0006748_1231224.jpg


獣医さんで採血するときも大騒ぎする子なので、うちでもなかなかジッとしていてくれません。200ml輸液中に一度は動きます。 最近ではそれに動じず(嫌がれば止められると学習させない)ちょっと間を置いて(ネットに入れたまま)言い聞かせ(聞いているかどうかは不明)褒めちぎり(嬉しいかどうかは不明)、ちょっと落ち着いてから続けます。
もう二か月くらいやっていて、具合も大分良くなっているのだから、いい加減わかってくれるといいのですが、こればっかりはしょうがないですねぇ。

サーシャは終わると何故かご飯をやけ食いします(笑)、獣医さんへ行った後も家に戻った途端やけ食いするので交感神経(興奮)⇒副交感神経(興奮からさめる)ので、食欲出るのかなぁなんて思ったりしています(笑)、消化器系は副交感神経優位の時に活動が上がるので。

獣医さんの所では、ネット越しに噛みつかんばかりの勢いで抵抗しますが、家では嫌がるものの攻撃はさすがにしてこないので、私がやるのが良いようです。
初めのうちは、私まで嫌われたらどうしようと思っていましたが、輸液終わったあと、遊ぼうと声をかけてくるし、すぐゴロゴロ言って寄ってくるので、虐められているとは思っていないようでホッとしています。
by cawa-miu | 2015-01-17 18:54 | cawa (サーシャ) | Comments(13)

謹賀新年

c0006748_23512197.jpg


c0006748_23533973.jpg
目つき悪いです(笑)

今年は羊の衣装を2着用意しました。輸液をするのに、これを着せれば固まるかなと思って背中部分を切って試してみました、、、が、羊の衣装のまま逃げられ(苦笑)。

一日置きにネットに入れて輸液なので、恒例の写真撮影は無理かと思いましたが、なんとか我慢(?)して付き合ってくれました。

サーシャは今年、年女です(未年)

今年もよろしくお願いいたします!
by cawa-miu | 2015-01-01 00:02 | cawa (サーシャ) | Comments(6)

~La vie elegante de mes anges ~ しっぽを持った天使たちの優雅な猫生活と趣味のDIY、料理、日々のくらしなど..... by ユンコ


by cawa-miu
プロフィールを見る